メディプラスゲルとフィトリフトを比較

乾燥の気になるこの時期、どの化粧品を使えば良いのかと目移りしてしまうことでしょう。
それぞれがそれぞれに一長一短があるために、結局どれが自分に合ったものになるのか非常に悩ましく頭を抱えてしまいます。
そこで今回はメディプラスゲルとフィトリフトをご紹介します。

メディプラスゲルの特徴

湿潤美容の発想に基づき、肌の潤いを守るオールインワンスキンケアです。
その仕組みは蓋をする、角質層をほぐす、成分を肌の奥まで届けると言ったものになります。

蓋をする

肌の表面をモイストラップ分子で包み、水分を閉じ込めます。

角質層をほぐす

アクアオイルが肌を柔らかくし、美容成分が角質層まで届くように助けます。

成分を肌の奥まで届ける

浸巡エッセンスが肌の奥の隅々にまで満ちるようにし、肌環境を整えます。

この手順を一つの化粧品で出来るため非常にお手軽に美肌ケアを行うことが出来ます。
成分には厳選された66種類の美容成分を使っており、防腐剤、アルコール、石油系界面活性剤、シリコンなど肌への刺激となる7種類の成分を使用していません。
ですので肌の弱い方でも使うことができ、肌へダメージを与えないように作られています。

洗顔後にメディプラスゲルを使うだけのお手軽作業で肌の保湿から美肌効果まで幅広くお肌のトラブルをケアすることが出来ます。

フィトリフトの特徴

フィトリフトは化粧水、乳液、美容液、クリーム、パックのすべての効果を持つオールインワンゲルで、その美容成分配合率はなんと99.7%です。
含まれている美容成分はヒアルロン酸の6.14倍、コラーゲンの3.13倍、プラセンタの2倍となっており、非常に効果の高い化粧品です。

オールインワンでは効果が薄いのではないだろうかと不安に思われる方もいらっしゃると思いますが、フィトリフトはオールインワンコスメの弱点を克服することに成功しました。

復元力の実現

フィトリフトには強い復元力があります。
その驚きの効果は動画でも公開しており、好評を頂いております。
この復元力が肌にも作用すると考えると期待は膨らむばかりです。

贅沢な美容成分

オールインワンでは美容成分に偏りがあり、その効果に十分なものが期待出来るのかと不安な方はいらっしゃることでしょう。
ですがフィトリフトでは贅沢な美容成分を配合しているので忙しい毎日を送る方でもすぐに美肌ケアをすることが出来ます。
フィト発酵エキス、ダイズエキス、レチノイン酸トコフェリルなど多くの美容成分が99.7%も配合されていますので美容成分の効果は十分に期待出来るものとなっています。

このようにフィトリフトではこれ一本で様々な効果を十分に発揮し、忙しくても美容の手は抜けないと言う方におすすめのものとなっています。

メディプラスゲルとフィトリフトの比較

どちらもオールインワンコスメと言うことで忙しい毎日を送る方にはうってつけの商品となっています。
ではどちらを使うのが良いのでしょう。
基準とすべき部分に肌への刺激があります。
ご自身の肌が弱いと思われている方であれば、低刺激のメディプラスゲルを使う方が良いでしょう。
一方で肌は弱くなく、より高い効果で美容を体験したいと言う方であればフィトリフトがおすすめになります。
どちらも通常価格ですと、メディプラスゲルは3,796円、フィトリフトは4,600円でのご提供になります。
それぞれ初回購入サービスやキャンペーン特典などを行っていますので、気になる方は一度ホームページをご確認すると良いでしょう。

まとめ

忙しい毎日を送る女性の方であればオールインワンコスメは非常に嬉しいものです。
その反面しっかりと効果や成分を理解していなければ十分な美容効果を得ることは出来ません。
今回ご紹介したメディプラスゲルとフィトリフトはどちらも引けを取らないおすすめの商品となっております。
是非この機会に一度お使いになられてみては如何でしょう。

メディプラスゲルほうれい線